« ベルギービールって奥深い | トップページ | むくみに効くか コモ湖の水 »

美味しかったのでおすすめ!の自然派ワイン

ボージョレなのですが、飲むとちょっとビックリするほど 出来のいいワイン。

本当にガメイでできているの?と思うくらい、上品な味わいです。

もちろん、11月のヌーヴォーでも その出来は抜きん出ていて、当店ステップでもすごく好評。

こんなヌーヴォー飲んだことがないという 感動のお言葉もお客さまから頂く程。

今日ご紹介するのは その同じ造り手の 亜硫酸塩(SO2)完全無添加の

Photo_19 ボージョレです。

よくボージョレでありがちなハデハデな香りなどはないのですが、

自然な果実味いっぱいで その飲み心地の良さはバツグン!

あくまで嫌味のない 忘れられない味わいなのです。

Photo_22 造り手のラパルは、見た目もそうなのですが、高倉健 さんのように 男気のある 一本気の性格のようで、こだわり抜いたワイン造りを実践しています。

Photo_23 写真は昨年の収穫風景です。

ラパルさんは収穫する人に、葡萄の選別を厳しく指示。

「ちょっとでも、痛んでいる葡萄は捨てろ!迷ったら捨てろ!」とはっきり言っているとのこと。

同じ自然農法をしていても、この選別で、ワインの味わいが大きく違ってくるんですよね。

せっかく育てた葡萄を捨てるって 勇気がいりますけど、美味しいワインを造るためには必要。

このような細かな工程が、ワインの出来に反映しますし、多少割高になるのも充分うなづけます。

2005年ヴィンテージが あと数本残っていますので、ご興味のある方はご連絡くださいませ。

今日の『このワイン』とは 「ドメーヌ・ジャン・クロード・ラパリュ ボージョレ・ヴィラージュ タンタッシオン」

『このワイン』へのお問い合わせはstepstep@cpost.plala.or.jp

|

« ベルギービールって奥深い | トップページ | むくみに効くか コモ湖の水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベルギービールって奥深い | トップページ | むくみに効くか コモ湖の水 »